D-Creationへいらっしゃいませ。
ここではLightWave3D用プラグインやら変態絵やら変態妄言やら死ぬまでの暇つぶし的人生の進捗状況やらを垂れ流してます。

ファイルの扱い、リンクについて
プラグイン等のファイル自体の無断転載はご遠慮願います。
このサイトへのリンクは自由ですが、プラグインはバージョンアップなどでファイル名が変わるため、それらファイルへの直接リンクをする場合は注意してください。

管理人 : DHM
メール : dhm◎d-creation.sakura.ne.jp
(@を文字に直してください)
バナー

2006年08月02日

習作

LW9をインストール。
なぜかドングルが無いとか言われたもののCDに入ってたセンチネルドライバを手動で入れたら無事動作。

とりあえず適当に作ってたプラグインを動かしたりクラッシュしたり修正したり。

そんな訳で試しに作った使い道のないものなんかを。

DC_FilterNode 1.00

ピクセルフィルターとイメージフィルターでノードエディターが使えます。
060802_001.jpg

また、ピクセルフィルタ、イメージフィルタのデータにアクセスするためのノードも追加され、「ノード追加」->「Additional」から使用できます。
060802_002.jpg

実際に追加されるノードはこんな感じ。
060802_003.jpg

ノードのパラメータはこんな感じ。
060802_004.jpg
それぞれのチェックボックスはそのバッファの使用有無で、使いたい奴にチェックを入れておかないと矢印繋いでも正しい値が取れません。

なんでこんなのがあるかってーと、フィルタではレンダリング時に使用するバッファをLWに教えてあげないといけないんですが、出力ノードパラメータが使われているかどうかをチェックする方法が無かったんで自動検出できませんでした。
入力の方はあるのに……
それじゃあと使いもしないのに全部チェック入れたりするとその分消費メモリが増えるんで横着はいけません。

イメージフィルタも同じ様なもんです。

ただ、元々シェーダー用のノードシステムを無理やり使ってるんでシェーダー系やスポットのノードは使えません。
逆にピクセルフィルタアクセスノードをシェーダーで使っても動きません。

実用性は皆無だけどこんなことくらいはできます。
060802_005.jpg

060802_006.jpg
posted by DHM at 01:39 | TrackBack(0) | Plugin
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1059554
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック